『SFチックな薬』

薬剤師しろです。

今回は珍しく遊びではなく、勉強会に関しての投稿です。

去る3/23に、新規GLP1作動薬のリベルサス錠という新しいお薬の

薬局内勉強会を実施しました。

 

実はこの薬、今までの薬と一線を画す画期的な薬物動態を持っているんです。

 

通常の薬であれば、小腸から吸収されて体内に入るのが一般的なので、

通常ですとペプチド(小さいたんぱく質)であるGLP1作動薬は、内服だと

消化管で分解され、全く効果がないという結果になってしまいます。

このため既存のGLP1作動薬は注射薬でしか存在しませんでした。

 

そこで登場するのがSNAKという薬剤の吸収促進剤です。

SNAKとリベルサスを組み合わせると、胃壁からの吸収が可能となるので

ペプチドの内服が可能となります。

要するに、薬が胃から体内にワープするってことです。

男のロマンの一つですね。(知らんけど)

 

もう少しSNAKの研究が進めば、インスリンの経口服用も可能になるかもしれませんね。

技術の進歩と明るい未来を感じることのできた勉強会でした。

カテゴリー: 中央調剤薬局からのお知らせ, 薬学生のみなさま パーマリンク